クルトワは本当にナバスより上か? 相次ぐ失点にサポーターは守護神交代要求

また3失点したクルトワ photo/Getty Images

公平に実力を比較すればどちらが上か

これまでレアル・マドリードのゴールを守ってきたケイロル・ナバスと、ロシアワールドカップ最優秀GKの肩書を背負って今夏レアルにやってきたティボ・クルトワ。2人はどちらが優れたGKなのだろうか。

現在チームの指揮を執るサンティアゴ・ソラーリはクルトワを守護神に据えており、今夏期待を込めて獲得したことを考えればクラブもクルトワを重用してほしいだろう。しかし、クルトワのパフォーマンスには疑問もある。

今節レアルはエイバルに0-3で敗れてしまったが、英『Daily Mirror』はレアルサポーターからクルトワに代えてナバスを守護神に据えろとの声が出ていることを取り上げている。クラシコでは1-5、さらにベルギー代表戦でもスイス代表に5失点して敗れるなど、現在のクルトワの状態に不満を示しているのだ。

「ナバスをスタメンに入れる時だ。今季のクルトワは役立たずだ」

「クルトワは2度も3失点したし、5失点のゲームもあった」

「マドリードはクルトワを下げるべきだ。ナバスがここまで酷い時はなかった」

失点を全てGKの責任にすることはできない。しかし、クルトワが最高の状態にあるのかは微妙なところだろう。これ以上の大量失点は許されないが、公平に実力を判断した場合ナバスとクルトワはどちらが上だろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ