アザールやシルバよりも上 プレミア屈指の“決定機創出数”を誇るのは?[映像アリ]

ボーンマスのサイド攻撃を牽引しているフレイザー photo/Getty Images

ボーンマスの躍進に貢献

今季のプレミアリーグ12試合消化時点で6位と健闘しているボーンマス。同リーグの“ビッグ6”の牙城を崩しつつある同クラブにおいて、一際輝いている選手がいる。

スポーツデータサイト『Sofa Score』によると、同クラブのFWライアン・フレイザー(24歳)は、今季のプレミアリーグで13回の“Big chances created”(決定機創出数)を記録。これは今季同リーグでプレイしている全クラブの選手中最多の数値であり、チェルシーに所属するエデン・アザール(9回)や、マンチェスター・シティでプレイしているダビド・シルバ(7回)を上回っている。

密集地帯を掻い潜る軽快なドリブルや、バリエーション豊富なキックに定評があるフレイザー。ボーンマスでは主に[4-3-3]の左ウイングFWや[4-4-1-1]の左サイドハーフのポジションを宛がわれており、同クラブのサイド攻撃を牽引している。昨年6月にスコットランド代表としてデビューするなど、着実に成長を遂げている同選手だが、今後も好調を維持できるだろうか。


参照元:youtube

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ