モウリーニョ、CLラウンド16での“イブラ&重鎮DF”の復帰を示唆

負傷により長期離脱中のバイリー(写真手前) photo/Getty Images

「ラウンド16には間に合うと信じている」

今季のUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ(グループA)を首位で終え、ラウンド16に駒を進めたマンチェスター・ユナイテッド。同クラブは21日と来月13日に行われるラウンド16でセビージャと対戦する。

重要な一戦を控えるなか、同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が負傷離脱中のDFエリック・バイリーとFWズラタン・イブラヒモビッチの状態について言及。両選手が前述の試合に出場できる可能性があることを明かした。英『TRIBAL FOOTBALL』が伝えている。

「(両選手とも)まだ全体練習に合流できていないが、ラウンド16には間に合うと信じている。遅くとも今月末には戦列に復帰できるだろう」

先月31日に行われたプレミアリーグ第25節(トッテナム戦)では安易に自陣バイタルエリアをあけ渡して試合開始早々に失点を喫するなど、不安定な守備を露呈したマンチェスター・ユナイテッド。カバーリングに定評があるバイリーの復帰が実現すれば、同クラブにとって追い風となることは間違いないだろう。攻撃のオプションとして期待されるイブラヒモビッチの状態も含め、続報を待ちたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ