バイエルン、不調のビダルの放出を決断か 移籍先の最有力は……

持ち前の運動量に陰りが見えるビダル photo/Getty Images

先発の機会が激減

2015年よりバイエルン・ミュンヘンに在籍しているMFアルトゥーロ・ビダル(チリ代表)。攻守両面におけるハードワークで同クラブの中盤を支えてきた同選手だが、今季は運動量の低下が災いしてブンデスリーガ第11節終了時点で先発出場が5試合に留まるなど、不振に喘いでいる。

こうした状況のなか、同クラブの首脳陣が5000万ポンド(約75億円)ほどの入札で同選手の放出に応じる構えを見せていることが、英『TRIBAL FOOTBALL』で話題に。既にチェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が同選手と面談を行ったことが併せて報じられるなど、チェルシー移籍への気運が高まっている。

今季途中に就任したユップ・ハインケス監督の下でもレギュラーの座を確保できていないビダル。復調の兆しが見られない同選手の状態に、同クラブの首脳陣が痺れを切らしているという見解が同メディアで示されているが、同選手は首脳陣の評価を覆すことができるだろうか。今後も同選手の動向から目が離せない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ