ドイツ代表のサバイバルが激しすぎる ブンデス公式は”4チーム分”作れると主張

W杯出場を決めたドイツ代表 photo/Getty Images

レーヴの仕事は非常に難しい

すでに2018ロシアワールドカップ出場を決めた国も出てきているが、これらのチームは今後メンバー入りを巡って熾烈なサバイバルが展開されることになる。その中でも熾烈すぎるのがドイツ代表のメンバー選考だ。4年前にブラジルワールドカップを制したメンバーはもちろん、U-21欧州選手権やコンフェデレーションズカップを制した若手も出てきている。この中からメンバーを選ぶのは非常に難しい。

ブンデスリーガの公式サイトは代表監督を務めるヨアヒム・レーヴが誰を最終メンバーとして招集することになるのか注目しており、4チームほどは作れる人員がいると主張している。仮に4年前の優勝メンバーを軸に考えるなら、GKはマヌエル・ノイアー、最終ラインはセンターバックにマッツ・フンメルスとジェローム・ボアテング、サイドバックは引退したフィリップ・ラームの代わりにジョシュア・キミッヒ、左にはヨナス・ヘクター、中盤はトニ・クロースとサミ・ケディラのボランチに、2列目にトーマス・ミュラー、メスト・エジル、現在は負傷しているが同メディアはマルコ・ロイスを左のサイドハーフに入れている。そして1トップにはティモ・ヴェルナーだ。

ただドイツで恐ろしいのは、これと同じようなクオリティを持つチームをまだ作れてしまうところにある。特に激戦となるのはボランチ、サイドハーフ、トップ下といった中盤だ。同メディアはボランチ候補としてイルカイ・ギュンドアン、セバスティアン・ルディ、ユリアン・ヴァイグル、エムレ・チャン、マフムード・ダフードといった名前を挙げている。どの選手もトップレベルの実力を持っており、誰を選べばいいのか非常に悩ましい。

サイドハーフではユリアン・ドラクスラー、レロイ・サネ、ユリアン・ブラント、マクシミリアン・フィリップ、セルジュ・ニャブリらがいる。ドラクスラーはもちろん、圧倒的なスピードを持つサネ、ドルトムントで活躍するマクシミリアン・フィリップも非常に優秀な選手だ。

トップ下ではレオン・ゴレツカ、代謝異常から復活したマリオ・ゲッツェも候補だ。またドラクスラーは2列目のあらゆるポジションを担当できる。同メディアはオプションが非常に多いことに注目しており、「ヨアヒム・レーヴは大会へ向けてメンバーを選ばないといけない」と仕事の難しさに理解を示している。いずれにしても数名の実力者がロシアに行けないのは確実で、世界で最も激しいサバイバルとなることだろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ