香川、切れ味鋭い縦パスで先制点の起点に! ドルトムント、ホーム無敗記録を更新

3試合フル出場の香川、先制点の起点に

3試合フル出場の香川、先制点の起点に

ホーム無敗記録を更新するドルトムント  photo/Getty Images

17日に行われたブンデスリーガ第25節で日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクでインゴルシュタットと対戦した。ひざを打撲した香川は出場が危ぶまれていたが、前節ヘルタ・ベルリン戦に続いて2試合連続で先発起用された。

3位ドルトムントと17位インゴルシュタットによる一戦。試合が動いたのは14分、香川の縦パスから決定機が生まれた。ハーフウェイライン付近でボールを受けた香川は、相手DFに身体を当てながら反転し、ディフェンスラインの裏へ抜け出したMFマルツェル・シュメルツァーにスルーパスを供給する。抜け出したシュメルツァーがゴール前にクロスを送り込むと、ピエール=エメリク・オバメヤンがニアサイドで合わせて先制に成功した。オバメヤンはブンデス得点ランクでトップの23得点目をマークした。

だがその後、試合は停滞。ドルトムントは連戦の疲れからか攻め込むもゴールを奪えず。一方のインゴルシュタットは、同点ゴールを目指してドルトムントのゴール前まで攻め入りチャンスを作り出すも決定力を欠き、そのまま1−0で試合を終えた。ドルトムントはこの結果、トーマス・トゥヘル監督就任以降、ホームでの無敗を32試合に伸ばしてクラブ記録を更新している。

[3−4−2−1]の2列目で先発起用された香川は、公式戦3試合続けてフル出場。過密日程でチームがパフォーマンスを落とすなか、好調さが際立った。この日28歳の誕生日を迎えた香川は、バースデイゴールを奪えなかったが、良い状態でインターナショナルマッチウィークに突入し、日本代表チームに合流することになる。

[メンバー]
ドルトムント:ビュルキ、ラファエル・ゲレイロ(→ヴァイグル 56)、ソクラティス、ピシュチェク、ギンター、シュメルツァー、ドゥルム、プリシッチ(→シュールレ 77)、香川真司、カストロ(→メリーノ 83)、オバメヤン

インゴルシュタット:ハンセン、ブレジュリ、ズットナー、ティセラン、ハデルジョナイ、マティプ、モラレス(→ヒンテルゼーア 90)、キッテル(→グロス 75)、コヘン(→ムルトハウプ 83)、レッキー、レスカノ

[スコア]
ドルトムント 1−0 インゴルシュタット

[得点者]
ドルトムント:オバメヤン(14)

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ