『つまらないシーズン』とバッサリ 出番求めてレアルからPSGへ渡ったアセンシオの1年目に厳しい評価

PSGへ移籍したアセンシオ photo/Getty Images

1年目の今季はそこまでインパクト残せず

レアル・マドリードを離れ、出番を求めてパリ・サンジェルマンへ向かったFWマルコ・アセンシオの今季をどう評価すべきなのか。

今季のスタートは悪くなかったが、アセンシオは9月から負傷離脱してしまった。復帰してからは思うように出番が増えず、中盤と前線の両方で確固たる地位を築けなかった印象だ。スペイン『as』も『つまらないシーズン』とバッサリ斬り捨てていて、今季のパフォーマンスに納得していない。

「全コンペティション合わせてアセンシオは29試合に出場し、5ゴール6アシストを記録した。悲惨な数字ではないものの、スタメンの地位を確立するには至らなかった。指揮官のルイス・エンリケは中盤でヴィティーニャ、ザイール・エメリ、ファビアン・ルイスを好んでおり、前線ではバルコラ、ムバッペ、デンベレのトリオを繰り返し起用していた」
特に今季はチャンピオンズリーグで0ゴール0アシストと結果を残せなかったのが痛い。PSGからはエースのキリアン・ムバッペが退団するため、来季はアセンシオもレギュラーを掴むチャンスがあるはず。しかし今季のパフォーマンスを信用していいかは微妙なところで、PSG1年目は何とも評価の難しいものとなっている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ