ポルトガルで《120戦67ゴール40アシスト》 アジア最高級FWは今季も得点王候補と止まらない

FCポルトのエースを務めるタレミ photo/Getty Images

圧巻の一貫性

現アジア最高級ストライカーなのは間違いないだろう。今季もポルトガル国内リーグで二桁得点に乗せてきたのがFCポルト所属のイラン代表FWメフディ・タレミだ。

タレミのポルトガル上陸は2019年のことで、まずはリオ・アヴェへと移籍。そこでリーグ戦18ゴールとブレイクすると、翌年には名門ポルトに引き抜かれた。

そこでも2020-21シーズンに16ゴール、昨季は20ゴールの大台に乗せ、今季も13ゴールを奪っている。得点ランク1位はベンフィカFWゴンサロ・ラモス(15ゴール)、2位はベンフィカFWジョアン・マリオ(14ゴール)となっているが、この点差ならば逆転も可能だ。
昨季は26ゴールを奪ったベンフィカFWダルウィン・ヌニェスに得点王のタイトルを奪われたが、今季はヌニェスがリヴァプールへ移籍。タレミにとっては2019-20シーズンに続く2度目の国内リーグ得点王も見えている。

ポルトガル国内リーグにてタレミは通算120試合で67ゴール40アシストと見事な数字を残しており、ポルトガルのレベルは決して低くない。5大リーグでも見てみたいストライカーで、現アジア最高クラスの点取り屋であることに疑いはない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ