ツィエクの交渉続けるミランとチェルシー 優先度下がるもセリエA王者への加入が既定路線?

ミランへの移籍は実現するか photo/Getty Images

攻撃陣を補強するミラン

今季はセリエA連覇を目指すミラン。リヴァプールからディボック・オリギ、クラブ・ブルージュからシャルル・デ・ケテラエルら攻撃陣を補強しているものの、さらなる加入があるかもしれない。

英『mirror』によると、ミランはチェルシーのハキミ・ツィエク獲得に向けてクラブとの交渉を続けている様子。今夏のミランのターゲットとされていたツィエクだが、いまだに獲得への動きを見せていたようだ。

ただ同紙によればデ・ケテラエルを獲得したことによりミラン側の優先度は下がった模様だと報じている。チェルシーとしては売却したい考えのため、交渉がまとまれば、ミラン移籍へ進んでいくだろう。

2020年にアヤックスからチェルシーへと加入したツィエク。チェルシーでの2年間はレギュラーとして活躍することはできなかったが、イタリアで復活することとなるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ