C・ロナウドのバイエルン行きにマテウスが太鼓判 レヴァンドフスキの穴埋め役となるか

ロナウドはマンU退団となるのか photo/Getty Images

去就に注目が集まるロナウド

適切なオファーがあればマンチェスター・ユナイテッドを退団したいという希望を明かしたマンチェスター・ユナイテッドのFWクリスティアーノ・ロナウド。移籍先候補にはバイエルン・ミュンヘンの名前も挙がっているが、その噂に対してローター・マテウス氏は好反応を示している。

昨夏に古巣マンUへと復帰したロナウドは、37歳という年齢に差し掛かりながらリーグ戦18ゴールを決め、プレミアリーグの得点ランキング3位に位置する活躍を見せた。

しかし、チームはリーグ戦を6位でフィニッシュし、チャンピオンズリーグ出場権を逃している。ロナウドがマンUに残留するとなれば、19シーズンに渡って続いたロナウドのCL出場記録はここで途切れてしまう。

現在ロナウドの移籍先としてさまざまなクラブが噂されているが、FWロベルト・レヴァンドフスキが退団を希望しているバイエルンも1つの候補として挙がっている。元ドイツ代表レジェンドであり、バイエルンのOBでもあるマテウス氏は、独『Sky Sport』でこの件について自らの意見を明かしている。

「もちろん将来を見据えての移籍ではないだろう。彼は37歳だが、それでも永久に新聞の見出しを飾るはずだ。バイエルンのシステムにフィットしているかどうかはわからない。しかし、彼は今でも傑出したゴールスコアラーである。彼は史上最高のストライカーの一人であり、30ゴール前後は間違いなく決めるだろう。シャツの売上などによる資金調達も保証されている」

「ロナウドがバイエルンに行くのはセクシーだ。 少なくとも、その選択について一度考え、動いてみるべきだ。もしロナウドにまだ1、2年はバイエルンで戦力となれるだけのフィジカル能力が残っていて、レヴァンドフスキの退団で得られる移籍金を多かれ少なかれポルトガルの大スターに投資できるというのであれば、私はそれについて考えるだろうね」

「攻撃面において、バイエルンは(FWサディオ・)マネ、(FWトーマス・)ミュラー、ロナウド、(FWキングスレイ・)コマンで恐ろしいほど多くのゴールを決めることができる。彼らのライバルは(FWセルジュ・)ニャブリと(FWレロイ・)サネだろう」

「ニャブリがクラブを去るかもしれないし、そうなれば金銭的にすべてが合理的になる」

昨季リーグ戦で34試合35ゴールを記録したレヴァンドフスキに加え、14ゴール5アシストのニャブリが退団するとなれば、バイエルンはそれなりのレベルのフィニッシャーが欲しいところ。全盛期ほどのスピードやドリブルは見られなくなったが、依然としてゴールへの嗅覚の鋭さを見せるロナウドは、彼らの穴埋めとして最適な選手なのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ