「リヴァプールに利益がある」「他クラブへ行くべき」 地元紙が南野を高く評価も、残留と移籍で意見は二極化

FA杯とカラバオ杯でチーム最多得点の南野 photo/Getty Images

サウサンプトン戦で1ゴールを決めた

プレミアリーグ第37節のサウサンプトン戦で1ゴールを記録したリヴァプールの南野拓実。出場時間が限られた中でも結果を残してチームに貢献する彼の姿は、地元紙『Liverpool Echo』でも高く評価されているものの、来季については様々な意見が飛んでいる。

久々の先発出場となった南野は、FAカップ決勝で負傷したモハメド・サラーに代わって右ウイングで出場。1点ビハインドの27分に同点ゴールを決めて逆転勝利に貢献した。

そんな南野に対し、彼がこの夏にどのような動きを見せるかについて議論されている。同紙の記者の意見は二極化しており、ハンナ・ピノック氏は「南野をチームに残すことはリヴァプールにとって利益をもたらすこととなる」と書いている。今シーズンの限られた出場時間に関しては「間違いなく彼自身のせいではないので、貢献度は疑う余地はない」と評価した。

「チームに残るかどうかは南野自身の気持ちもあるが、レッズは彼をメンバーとして入れておくことで、得られる利益があるだろう」と記した同氏。国内カップでチーム内得点王にもなった南野の残留は、チームに数多くのタイトルをもたらすことができるとした。また「チームでより重要な役割を担う戦いをする選手に値する」と、南野の来季に期待している。

対して同紙記者のウィリアム・ピックワース氏は南野を十分に評価した上で、「カイデ・ゴードン、ハーヴェイ・エリオットなど有望な若いウインガーが育っており、27歳の彼は他クラブで新たなキャリアを築く時だ」とした。チームとしても若い選手を起用する機会を増やすことと、南野自身も出場機会を増加させるためには、移籍するのも選択肢の1つなのではと論じている。

セインツ戦では右ウイングで先発 photo/Getty Images

南野の来季の選択はどうなるか

南野については現地でも様々な意見が飛び交っているが、彼が評価されていることは間違いない。出場時間については、リヴァプールというクラブの戦力やチーム事情によるところが大きいだろう。

そんななかでも、今季は公式戦で10ゴールを記録しており、カラバオカップやFAカップではチーム得点王となるなどゴールを量産。複数のタイトル獲得に貢献しているのはまぎれもない事実であり、大きな評価に値する。リヴァプールで調子の良さを発揮する今の南野が、主力としてプレミアリーグを1シーズン戦ったら、どれだけ活躍できるのかを見てみたいファンもいるはずだ。

本人としてもビッグクラブに残ることと、他クラブで出場時間を増やすことのどちらを優先するか。またチームにとっても、27歳のFWをどのように扱っていくのか。今後、南野の動向を見守っていく上でも、出場機会がキーとなっていくだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ