ファーガソンやリッピにCL決勝進出記録で肩を並べたクロップ どんな監督キャリアが待っている?

ビジャレアルを破り、CL決勝進出を決めたクロップ photo/Getty Images

再びビッグイヤーを掲げることができるのか

準決勝ビジャレアル戦を制し、チャンピオンズリーグ決勝進出を果たした今季のリヴァプール。チームを率いるユルゲン・クロップ監督にとっては4度目のCL決勝となる。

CL決勝に4度進出した監督には、アレックス・ファーガソン氏やマルチェロ・リッピ氏といったレジェンドたちがいる。そしてリヴァプールの対戦相手、レアル・マドリードを率いるアンチェロッティ監督は今回の決勝進出で史上最多5度目を記録している。

ファーガソン氏やリッピ氏といった名将たちに決勝進出記録で肩を並べたクロップ監督。まずは今回のCL決勝や4回制覇を成し遂げたいところである。

ファーガソン氏は、マンチェスター・ユナイテッドで27年という長期政権を築き上げたことで有名だ。2度のCL制覇と13度のプレミアリーグ制覇、その他にもさまざまなカップ戦タイトルを獲得。クリスティアーノ・ロナウドやデイビッド・ベッカムを始めとする数々の名選手も育て上げた。

リッピ氏は、ユヴェントスで5度のスクデット獲得と1度のCL制覇を果たした後、イタリア代表監督に就任。2006年にはジネディーヌ・ジダン擁するフランス代表を決勝で下し、W杯を制覇。CLとW杯の両方を制した史上初の監督となっている。

つい先日、レアル・マドリードでリーグ優勝を成し遂げたアンチェロッティ監督は、イタリア、イングランド、フランス、ドイツ、スペインの5大リーグ制覇を成し遂げている。CL優勝も3度経験しており、ファーガソン氏とリッピ氏のCL優勝記録を上回っている。

クロップ監督はリヴァプールと2026年夏まで契約を延長したばかり。順当にいけばリヴァプールでの指導歴は10年を超えるはずだ。こう考えるとファーガソン氏のような長期政権を築く可能性も0ではなさそうだが、クロップ監督の母国であるドイツ代表を率いる姿なども見てみたいところではある。名将たちに肩を並べ始めたクロップ監督は一体どんなキャリアを築くのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ