A・アーノルドの優秀なバックアッパー確保へ リヴァプールが狙うはスコットランドの新鋭SB

リヴァプールが獲得に動いているとされるラムゼイ photo/Getty Images

18歳のU-21スコットランド代表DFに照準

今季のプレミアリーグはまだ終わっていないが、2022-23シーズンに向けて各クラブが補強に動き出す時期となってきた。シーズンも終盤を迎えたことにより、欧州でも早めに今夏の新加入選手を発表しているクラブも少なくない。シーズン最終盤戦の戦いも見ものだが、来季に向けた各陣営の動向が気になる時期になってきたことは間違いない。

そんななか、リヴァプールも夏のマーケットに向けて動き出している。英『Daily Mirror』によると、同クラブは現在アバディーン(スコットランド)に所属するU-21スコットランド代表DFカルバン・ラムゼイ(18)の獲得に興味を寄せているようだ。

今季はスコティッシュ・プレミアリーグ22試合に出場し、1ゴール5アシストを記録しているラムゼイ。右サイドバックを主戦場とする選手で、彼は近年SBに優秀な人材が増えているスコットランドの次世代を担う存在として期待されている。高いキック精度が武器のプレイヤーで、そのクロスやセットプレイのクオリティは現地でも高評価。英『talSPORT』も「トレント・アレクサンダー・アーノルドの完璧なバックアップになる」との見解を示しており、加入となればリヴァプールにとっては大きな力となりそうだ。
今季は右SBを本職とするプレイヤーがA・アーノルドのみだったリヴァプール。ジョー・ゴメスやジェイムズ・ミルナーといった選手も同ポジションではプレイ可能だが、きちんとした本職の控え選手は欲しいところだった。他クラブへとレンタル中のネコ・ウィリアムズといった選手もいるが、それでもラムゼイの18歳という若さは魅力的。獲得して損のない選手であることは間違いない。

リヴァプールが狙うスコットランドの新鋭SB。今後の動向には引き続き注目したいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ