ムバッペに続き、ペップ・シティの心臓まで レアルが描くビッグサマーの予想図

レアル・マドリード行きがささやかれているベルナルド・シウバ photo/Getty images

CLでの敗戦で補強が加速するのか

トッテナムに2-3と敗れるも、今季はシーズンを通して好調といっていいマンチェスター・シティ。新加入のジャック・グリーリッシュが完全にチームにフィットしたわけではないが、既存戦力でやりくりしている。

そんなシティで今季輝きを放っている選手といえば、やはりベルナルド・シウバだろう。中盤での運動量、献身性に加え、テクニックはワールドクラスだ。今季は得点力も目を見張るものがあり、プレミア、カップ戦、CLの3つのコンペティションで計10ゴール3アシストを記録している。

今後もベルナルドが中盤の軸として戦力になると考えられるが、伊『calciomercato』によればポルトガル代表MFはリーガ・エスパニョーラのレアル・マドリード行きを夢見ているようだ。さらに来夏での移籍を画策しているとのこと。

ペップ・シティとしては大打撃であり、今夏の移籍騒動を考えれば無いとは言い切れない。現在はチームのために戦っているベルナルドだが、今夏には移籍の可能性があった。イタリアやスペイン方面から関心を寄せられており、名前が挙がっていたのがACミランやアトレティコ・マドリードだ。指揮官であるジョゼップ・グアルディオラも本人の意思を尊重し、移籍を容認したが、結局はクラブ間での合意が取れず頓挫している。ベルナルドは2025年までシティとの契約を残しており、レアルが金額面でシティを納得させることができれば移籍は現実的な話だといえる。

レアルとすればベルナルドのようなユーティリティプレイヤーを獲得できれば大きな戦力となる。インサイドハーフに加え、元はウイングだった経験を持っている。さらに偽9番も可能であり、彼がいれば選手層が一気に厚くなる。27歳と若手ではないが数年は計算できるプレイヤーになるだろう。

来夏にはパリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペ獲得に動くレアル。そこにベルナルドまで獲得できれば、間違いなくビッグサマーとなる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ