失われたオールド・トラッフォードの強さ 今のマンUはホームで不安定すぎる

マンUで結果を出せていないスールシャール photo/Getty Images

ファーガソン氏の頃は要塞だったが……

クリスティアーノ・ロナウドやラファエル・ヴァランといった大物を加えながら、今季も不安定なマンチェスター・ユナイテッド。

指揮官オーレ・グンナー・スールシャールへの風当たりも強くなっているが、何より痛いのは本拠地オールド・トラッフォードで勝ち切れていないところにある。

スールシャールはここまでマンUの指揮官としてホームゲームを55試合戦っているのだが、黒星が13もある。これはかつてオールド・トラッフォードが要塞だった頃に比べるとかなり悪い。

オールド・トラッフォードを要塞にしたのは名将アレックス・ファーガソン氏だが、ファーガソン氏は405試合のホームゲームを戦って黒星が34しかない。スールシャールとは雲泥の差だ。

新型コロナウイルスの影響もあり、昨季は無観客のゲームもあった。ホームサポーターの後押しがなかったことはスールシャールにとっては不運だったが、今はサポーターも戻ってきている。

それでもリヴァプールに本拠地で0-5の大敗を食らっており、これは言い訳できない。再びオールド・トラフォードに無敵感が漂う時はくるのか。ホームでの強さこそリーグ制覇への大きなカギで、マンUは伝統的な強さを失ってしまっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ