“最高のタイミング”で飛び出したC大阪の同点弾 代表経験を経て得点力向上に期待の桜の戦士

昨季ブレイクを果たした坂元 photo/Getty Images

57分に同点ゴールを決めた坂元

セレッソ大阪は明治安田生命J1リーグでFC東京と対戦。2点ビハインドを逆転するものの、終盤に追いつかれて3-3で終了した。同点弾を決めた坂元達裕は、タイミングの良い飛び出しからゴールネットを揺らす。

1点差を追いかける57分、左サイドから途中出場の高木俊幸がドリブルで仕掛けると、ペナルティエリア外からのクロスに坂元が合わせて同点弾となるゴールを決める。一番遠い逆サイドを走っていた坂元は、高木のクロスと同時にゴール前へと飛び出す。クロスボールが加藤陸次樹のフリックによって足元にきたため、最高のタイミングで合わせることができた。

また得点の10分前に同じような形から加藤がゴールしたため、その印象も大きかっただろう。坂元の得点では同じようにニアで加藤がターゲットになるフリをして坂元へとつなげている。FC東京としては同じ失点を繰り返さないようにと加藤にマークをつけたが、それによって生まれたスペースに坂元がうまく走り出した。

ドリブルからのカットインが印象的な坂元だが、ゴール前での飛び出しから得点をゲット。日本代表にも招集された経験からさらなる得点力アップへも期待がかかる。後半戦には坂元がJをさらに盛り上げる1人となるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ