もうテベス、オーウェンを超えた 新時代の点取り屋はCLでもゴールを量産中

ドルトムントのハーランド photo/Getty Images

得点数が試合数を上回る

欧州最高峰の舞台であるチャンピオンズリーグで得点を挙げるのは簡単なことではないが、当たり前のようにネットを揺らしている若者がいる。

ドルトムントFWアーリング・ハーランドだ。

ハーランドは4日に行われたグループステージ第3節のクラブ・ブルージュ戦で2得点を記録し、チームの3-0勝利に貢献した。

ザルツブルク時代と合わせると、ハーランドのチャンピオンズリーグにおける成績は11試合出場で14得点だ。得点数が試合数を上回る状況が続いており、20歳とは思えぬ得点力だ。

この数字を過去のストライカーたちと比較してみると、その凄さが分かってくる。

マンチェスター・ユナイテッドやユヴェントスで活躍した元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスはチャンピオンズリーグ通算46試合で13得点、同じくマンUでもプレイしたコロンビア代表FWラダメル・ファルカオは29試合で12得点、リヴァプールやレアル・マドリードでプレイした元イングランド代表FWマイケル・オーウェンは29試合で11得点と、いずれもチャンピオンズリーグではゴールを量産できていない。

彼らの数字をハーランドは11試合で超えてしまったことになる。おそらくこのペースは今後も続いていくはずで、将来的にはクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシ、ロベルト・レヴァンドフスキ級の点取り屋になっていくことだろう。

ドルトムントがこのまま勝ち進めば、今季の大会得点王を狙うことも不可能ではない。ハーランドはどこまで進化していくのか、数年後が楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ