久保建英に続く才能も大人の領域へ 絶賛される“ピピ”のフィジカル強化

レアルで技磨く中井 photo/Getty Images

年齢を重ねてファイトできる選手へ

高く評価されている証だろう。レアル・マドリードのカンテラ(下部組織)に所属する中井卓大は、この代表マッチウィーク中にトップチームの練習に参加した。

今季はフベニールB(U-18)でのプレイが基本となるものの、時折フベニールA(U-19)やカスティーリャでプレイすることが期待されている。16歳ながら、飛び級可能な才能と評価されているのだ。

レアルとしてはビジャレアルにレンタル移籍中の久保建英に続いてほしい逸材で、将来的にはトップチームで2人揃って活躍してほしい。

スペイン『MARCA』は中井のことを「日本の天才」と評しており、そのテクニックの高さを絶賛している。

しかし、中井の成長はそれだけではない。技術力は子供の頃より評価されていたのだろうが、今は体も大きくなってフィジカル部分が伸びているのだ。

「ピピは非常にスキルのあるMFだが、長年の課題だったフィジカルの問題を乗り越えた。フィジカル部分が向上し、今は中盤で相手と戦えるようになった。実際彼はプレイメイカーとしてスタートしたが、最近は攻撃的MFのポジションを固めつつある」

欧州トップレベルで戦うならば、パワーも欠かせない。これは年齢を重ねるうちに伸びていく部分でもあるが、16歳を迎えた中井も徐々に大人のプレイヤーに近づいているということだろう。

2、3年後にどこまで伸びているのか非常に楽しみで、久保に負けぬブレイクを果たしてほしいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ