“184回”もドリブル決める怪物 2位に倍以上の差つけるスペインの秘密兵器

ウルブズのトラオレ photo/Getty Images

2位と3位の選手の数字を足しても敵わない

今もスペイン代表は優秀なテクニシャンを複数揃える強豪国だが、1つ欠けていたところがある。

攻撃にオプションをもたらすワールドクラスのドリブラーだ。テクニシャンだけでなく、ドリブラーもいれば攻撃の選択肢は自然と増えてくる。

その点において今季は収穫が大きかった。ウォルバーハンプトンに所属するFWアダマ・トラオレが欧州トップクラスのドリブラーへと急成長したからだ。

トラオレがスペインにとっていかに大きな存在なのか。それは今季の数字を見ても分かってくる。

今季欧州五大リーグにてトラオレは184回ものドリブルを成功させており、これはスペイン人選手では圧倒的No.1だ(WhoScoredより)。

トラオレに次ぐ2位はラツィオMFルイス・アルベルト(73回)、3位はバイエルンMFチアゴ・アルカンタラ(71回)となっていて、2位と3位を合わせても1位のトラオレには届かない。

スペイン代表は9月3日にドイツ、6日にウクライナとネーションズリーグで戦う予定となっており、20日に発表された招集メンバーにはトラオレの名前も入っていた。

他にもアスレティック・ビルバオGKウナイ・シモン、今季レアル・マドリードからレガネスにレンタル移籍していたMFオスカル・ロドリゲス、ライプツィヒMFダニ・オルモ、マンチェスター・シティDFエリック・ガルシア、バルセロナFWアンス・ファティ、マンCへの移籍が決まったばかりのFWフェラン・トーレスなど、かなりフレッシュな人材が招集されている。

スペインでも続々と楽しみな若手が出てきており、トラオレもEUROやワールドカップで実力を試してほしい期待のプレイヤーだ。

そのモンスター級のフィジカルがスペイン代表にどのような影響を与えるのか。途中出場からでもインパクトを残せる選手だけに、今後スペイン代表のキーマンになるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ