南野拓実がいればファラオの位置を変えられる “チームNo.1”点取り屋の使い方

リヴァプールの3トップはどう変わるか photo/Getty Images

サラーをもっとゴールに近い位置へ

ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ、モハメド・サラーの強力3トップは、リヴァプールに多くの成功をもたらしてきた。

来季も攻撃の軸が彼ら3人であることは間違いないが、もっと得点力を向上させる道はないだろうか。

昨季も今季もチームトップの得点数を稼ぎ出したのはサラーだ。サラーにどれだけシュートチャンスを与えられるかが、リヴァプールにとって1つのカギであることは間違いない。

そこで検討してみたいのが、サラーのセンターフォワード固定だ。今は右のウイングでプレイする機会が多いが、よりゴールに近いエリアでサラーを起用する手もある。

システムを[4-2-3-1]とし、最前線にサラー、トップ下にフィルミーノを配置する案も面白いかもしれない。

英『Liverpool Echo』も指揮官ユルゲン・クロップにこうした実験を求めているが、その際に重要な選手として名指しされたのがアレックス・オックスレイド・チェンバレン、南野拓実の2人。

2人は右サイドをこなすことができるため、南野が右、フィルミーノがトップ下、マネが左、サラーが最前線なんて形も作り出せる。

前線で便利屋となる南野が加わった意味は大きく、こうした別システムを模索することが可能となった。

チームNo.1の点取り屋であるサラーをもっと活かせないのか。ここをテーマに今夏のプレシーズンをこなすのも面白いか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ