アーセナルが狙うMFは“ドリブル成功率”No.1 単なるフィルターではない脅威

アトレティコのパルティ photo/Getty Images

中盤からボールを運べる男たち

今季50回以上ドリブルを仕掛けている選手の中で、最も成功率が高いのは誰なのか。

データサイト『WhoScored』がトップ3を紹介しているが、3人とも中盤のプレイヤーになっているところが興味深い。

アタッカーと違い、中盤のプレイヤーがボールを運ぶ際に使うドリブルは安全第一が求められる。ボールを失うことなく、確実に前線へボールを運ばなければならない。

セーフティにドリブルを仕掛けるぶんだけ成功率が上がっているのだろうが、まず第3位はバイエルンMFチアゴ・アルカンタラで85.5%の成功率だ。

チアゴはトラップで相手の逆を突くプレイを得意としており、一瞬の動きで前を向くことができる。バルセロナの下部組織出身者らしいテクニックの高いMFだ。

2位はチェルシーMFマテオ・コバチッチ(86.6%)。こちらもチアゴと少しタイプが似ているだろうか。爆発的なスピードを持っているわけではないが、面白いように相手守備陣をかわしていく技術を持っている。

そして1位はアトレティコ・マドリードMFトーマス・パルティだ。やや意外かもしれないが、成功率は88.3%と極めて高い。

チアゴ、コバチッチよりもサイズのある選手で、テクニックだけでなくパワーも活かして中盤からボールを運べる選手だ。

パルティには以前からアーセナルが関心を示しているとされてきたが、単なる中盤のフィルター役でないことがこのデータから分かってくる。アーセナルサポーターを魅了するには十分なデータと言えるのではないか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ