モデルは“カカー&ロナウジーニョ” イタリアで新たなファンタジスタ誕生だ

フィオレンティーナのカストロヴィッリ photo/Getty Images

リベリに学ぶ23歳

近年のサッカー界において“ファンタジスタ”と呼ばれる存在はめっきり減った。象徴とも言えたトップ下のポジションを採用しないチームが増えていることもあるが、決定的に変わったのは選手のプレイスタイルだ。

今や個人技だけでゴールを奪える時代ではない。チームの歯車としてどこまで優秀でいられるか。トッププレイヤーと呼ばれる基準は変化してきている。現代のサッカーにおいて、“ファンタジスタ”という言葉は死語になりつつあると言っても過言ではないだろう。

しかし、そんな時代においても一つのプレイで観衆を魅了する存在というのはいるものだ。今季イタリアで頭角を現した23歳はポジションこそ微妙に違えど、新たな“ファンタジスタ”としてこの先脚光を浴びるかもしれない。フィオレンティーナでプレイするイタリア代表MFガエターノ・カストロヴィッリだ。

得意のドリブルで次々に対峙する相手を抜き去るカストロヴィッリ photo/Getty Images

巧みなドリブルで次々と相手を翻弄し、個人の力で状況を打開できるカストロヴィッリ。本人もモデルとしているのはかつて欧州でその名を轟かせた“ファンタジスタ”たちのようだ。

「僕は10番のことを考えるたびに興奮しているよ。そのシャツの歴史を知っているし、ゆくゆくはその番号を背負ってみたいね。その準備ができたら是非とも10番を着用したい。僕がモデルとするのは誰かって? プレイスタイルとしてはカカーかな。でもアイドルはロナウジーニョだったよ。僕は彼らみたいな10番にインスピレーションを得ていたんだ」

伊『Radio Bruno』のインタビューでカストロヴィッリはこのように語っている。さらに同選手はチームメイトのフランク・リベリからも教わっていることは多いと次のように続けた。

「リベリについてはどうかって? 彼は魔術師だ。一緒にいられることはとても嬉しく思っているよ。ヴ僕らは彼をとても恋しく思っていたんだ。フランクは先生みたいなものさ。彼はとても謙虚だし、常に的確なアドバイスで僕らを助けてくれる。彼と一緒にプレイできるのは特権だよ。トレーニングの際も日々競い合っているね」

イタリア期待の逸材MFであるカストロヴィッリ。はたしてカカーとロナウジーニョに憧れ、リベリに学ぶこの23歳は、今後先輩たちのように世界へその名を轟かす偉大な選手となることができるだろうか。若者がスーパースターとなる日をファンは待ちわびている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ