“現代版”スコールズ パスの名手が語る自分と似たゲームメイカー

レアルのクロース photo/Getty Images

ゲームコントロールの姿勢はよく似ている

マンチェスター・ユナイテッドを長く支えてきたMFポール・スコールズといえば、中盤から長短自在のパスでゲームをコントロールすることを得意としてきた選手だ。

ブレることのないパス精度に加え、時折ミドルシュートでゴールを急襲することもできる。では、現代でスコールズに最も近い選手を挙げるなら誰になるだろうか。

この疑問にスコールズ本人が答えているのだが、英『Daily Mirror』によるとスコールズが挙げた人物は2人。まず1人はレアル・マドリードMFルカ・モドリッチだ。

「私はモドリッチのようにプレイしていたと思いたいね。違いとしては、彼のほうが私よりも速くて相手を突破できる。ただ、ゲームをコントロールする部分には特徴がある」

スコールズはこのようにコメントしているが、確かにモドリッチの方がボールを前へ運ぶ能力に優れている。小柄なMFという点は共通の部分だが、全く同じというわけではないか。

マンUで活躍したスコールズ photo/Getty Images

そしてスコールズが挙げたもう1人が、同じくレアル・マドリードのMFトニ・クロースだ。こちらはモドリッチ以上にスコールズと似ているのではないか。中盤の底からゲームをコントロールすることを得意とし、パス精度も現役プレイヤーの中でトップクラスだ。

スコールズは「パサーとしてゲームをコントロールするプレイヤーならばよりクロースに近い。2人から選ぶならば、モドリッチよりクロースだと思う」と語っている。

フィジカルバトルはなるべく避け、時折攻め上がってミドルシュートも決める。ここもスコールズが思うクロースとの共通点になっているようだ。

クロースは以前にも何度かマンUからの関心が伝えられてきた選手で、仮に加入していればスコールズ2世と扱われていたのは間違いない。今のマンUにはスコールズほど中盤からゲームをコントロールできる選手がいないため、クロースを獲得できていれば最高のシナリオだったか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ