バイエルンから再起誓った2人 ハメス&コウチーニョは今でも“一流”だ

バイエルンでプレイしたハメス photo/Getty Images

独サイトがスタッツを紹介

ハメス・ロドリゲスとフィリペ・コウチーニョ。少し特殊なケースだが、この2人は同じような経験を味わってきた。

ハメスはレアル・マドリードで出番確保に失敗し、2017年夏にバイエルンへのレンタル移籍を決断。バルセロナに加入したコウチーニョも似たような状況となり、昨夏にバイエルンへのレンタル移籍を決断した。

ともにリーガ・エスパニョーラの2強でアピールに失敗したため、少し嫌なイメージがついてしまった。しかしバイエルンでのパフォーマンスを改めて振り返ると、やはり特別な能力を持っているのは間違いない。

ブンデスリーガ公式が2人のデータを比較しているが、ハメスはブンデスリーガにて43試合出場14ゴール14アシストの成績を残している。普通なようにも思えるが、ハメスは実に137回ものチャンスメイクを記録している。もう少しアシスト数が伸びていても不思議はないのだ。やはりチャンスメイカーとしてはハイレベルな選手だ。

バイエルンから復活を狙うコウチーニョ photo/Getty Images

一方のコウチーニョは今季からブンデスリーガでプレイをスタートさせ、22試合で8ゴール6アシスト。時間にすると、99分に1ゴールのペースで得点に関与していることになるという。

指揮官がハンジ・フリックに交代してから立場が微妙なものとなっているが、それでも初のブンデスリーガで上々の成績と言えるのではないか。

ハメスは今もレアルで苦戦しており、前述したようにコウチーニョもポジションは怪しい。それでも、バイエルンでの成績は決して悪いものではない。レアル、バルサでの失敗で印象は悪くなってしまったが、自身のスタイルに合うクラブならば主役級の働きができるはずだ。2人が最高の輝きを放つ時を世界が待っている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ