ミリート、スナイデル、エトー “伝説の3冠”メンバーが語るインテルの攻撃力

インテルで3冠を果たしたカンビアッソとミリート photo/Getty Images

ただ守りを固めていただけではない

ジョゼ・モウリーニョの下で3冠を達成した2009-10シーズンのインテルは、とにかく守備が堅いとのイメージが強かった。

大きいのはチャンピオンズリーグ準決勝・バルセロナ戦での記憶だろう。10人になったインテルは徹底的に守りを固める策を選び、何とか猛攻を耐え切って決勝行きを勝ち取った。この戦いから、当時のインテルは守備的とのイメージがついたのだ。

しかし、攻撃力が低いチームだったわけではない。伊『Sky Sport Italia』によると、当時のチームで中盤からチームを支えていたMFエステバン・カンビアッソは攻撃法も理解していたチームだったと振り返る。

「私たちのチームは守備が優れているチームとして記憶されているが、その一方でバルセロナ戦のように多くの得点を奪ったゲームもある。攻撃のやり方も分かっていたんだ。ミリート、エトー、パンデフ、スナイデルのようなインテリジェンスあるアタッカーがいて、相手を苦しめる術を理解していた。彼らは違いの生み出し方も分かっていたからね」

得点源だったエースのミリートはもちろん、優勝請負人と呼べる存在だったエトー、隠れた実力者パンデフ、彼らを背後から巧みにコントロールするスナイデルと、攻撃陣も十分すぎるほどに豪華だ。

前述したバルセロナ戦も2ndレグこそ守り切っての0-1だったが、1stレグでは3-1ときっちり勝利を収めている。攻撃の方も適切な評価を得るべきだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ