ラッシュフォードではなく自分が“9番” 燃えていたエースがイタリアで大爆発

インテルのルカク photo/Getty Images

インテルで絶対的なエースに

マンチェスター・ユナイテッドを離れてインテルのエースとなったFWロメル・ルカク、ルカクが退団したことでマンUの絶対的エースとなったFWマーカス・ラッシュフォード。今季はこの2人が絶好調だ。

なかなかに興味深い数字だが、現在2人は得点数で並んでいる。ルカクはリーグ戦とチャンピオンズリーグ合わせて22試合に出場して14得点、ラッシュフォードはリーグ戦、ヨーロッパリーグ、国内カップ戦合わせて23試合で14得点だ。

ラッシュフォードはすでに昨季の得点数を超えており、ルカクも昨季決めた15得点まで残り1点のところまできている。今季が2人にとって特別なシーズンとなっているのは間違いない。

特に燃えていたのはルカクだ。昨季マンUでは指揮官オーレ・グンナー・スールシャールがラッシュフォードをセンターフォワードに据えるようになり、ルカクはサイドに回されるケースもあった。

伊『Corriere della Sera』によると、かつてマンUでもプレイしたFWジュゼッペ・ロッシはルカクが自分こそ9番にふさわしい選手と証明しようと燃えていたと振り返る。ラッシュフォードより自分の方が9番にふさわしいとの考えがあったのだろう。

「ルカクはイタリア語を話せたから、多くのことを話したよ。彼が代表、クラブで成し遂げてきたことを見ると、40歳かと思うよね。でもまだ26歳なんだ。彼はまだ成長できるよ。彼は自分こそが本物の9番だと証明することを望んでいたんだ。ラッシュフォードではなくてね」

ルカクはインテルで存分に実力を披露しており、マンUサポーターとしては少々複雑だろう。ルカクにとっては逆襲のシーズンであり、再びワールドクラスのストライカーであることを証明している。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ