構想外のマンジュキッチ、カタールで元同僚と再会へ 近日中に正式発表も

ユヴェントスで今季、構想外となっているマンジュキッチ photo/Getty Images

メディカルチェックも既に完了か

新天地に注目が集まり、様々な噂が飛び交っているユヴェントスの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチだが、カタールで元同僚と再会を果たすこととなりそうだ。

現在33歳のマンジュキッチは、バイエルン・ミュンヘンやアトレティコ・マドリードなどを経て、2015年夏にユヴェントスへ移籍し、加入初年度から主力として活躍。マッシミリアーノ・アッレグリ前監督の元では、本職とするストライカーだけでなく、ウイングとして攻守に渡って献身的なプレイを披露するなど、チームになくてはならない存在となっていた。

ユヴェントスの8連覇に貢献したほか、2016-17シーズンにはチームをチャンピオンズリーグ決勝の舞台へ導いたマンジュキッチ 。しかし、今夏にマウリツィオ・サッリ監督が新指揮官に就任すると、チームの構想外となり、今年4月に契約を2021年前延長したばかりだが状況が一変する。今季はここまで出場機会がなく、ベンチ入りも3試合にとどまっていた。

こういった状況もあり、マンジュキッチには世界中のクラブが興味を示し、マンチェスター・ユナイテッドやACミランへの移籍が噂されていた。しかし、ここにきて今年1月までユヴェントスでチームメイトだった元モロッコ代表DFメディ・ベナティアを擁するカタールのアル・ドゥハイル加入が近づいている模様。伊『calciomercato』など複数のメディアによると、アル・ドゥハイル移籍へ向けて現在カタール入りしており、すでにメディカルチェックも済ませたようだ。近日中にも、移籍が正式発表されるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ