堂安、ブルーマもPSVの新戦力が物足りない 決定的な仕事少なく批判も

PSVの堂安 photo/Getty Images

名門が大苦戦

オランダの名門PSVが大苦戦だ。

オランダ・エールディヴィジといえばアヤックス、PSVが激しい優勝争いを繰り広げてきたが、今季は状況が異なる。元オランダ代表MFマルク・ファン・ボメル率いるPSVは序盤から勝ち点を取りこぼしており、現在は首位アヤックスに勝ち点差13をつけられて3位だ。

オランダ『Brabants Dagblad』もファン・ボメルにプレッシャーがかかっていると伝えているが、苦戦している理由の1つに新戦力の働きが不十分であることが挙げられている。

当然その中には今夏にフローニンヘンから加わった日本代表MF堂安律も入っている。リーグ戦12試合で2得点1アシストの成績では、期待に応えているとは言えないだろう。チャンスメイクの部分は一定の評価を得ているが、ゴールやアシストという決定的な働きが不足している。

同メディアは堂安、さらにDFティモ・バウムガルトル、FWブルーマの3人を名指しで問題視し、「どの選手も好印象を与えていない」と厳しい。補強戦略が上手くいったとは言えない状況で、補強失敗が足を引っ張っているのは間違いない。

首位を走るアヤックスが52得点12失点と圧倒的な成績を収めているのに対し、PSVは32得点19失点だ。15試合を消化した段階で悪くない数字とも言えるが、今のアヤックスについていくには攻守両面で物足りない。

まずは勝ち点が7点離れている2位AZを捕まえたいところだが、PSVは名門の意地を見せられるだろうか。3位はPSVにとって許されない順位だ。堂安も来年には東京五輪が控えているため、何とかPSVで良い感覚をつかんでシーズンを終えて欲しいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ