ナインゴランに未だ残るインテルへの復讐心 「間違っていたことを証明する」

今季5年半ぶりに復帰したカリアリで奮闘するナインゴラン photo/Getty Images

悔しさ糧に今季大躍進

セリエAもここまで13節を終え中盤戦に差し掛かっているが、その中で意外な躍進を遂げているチームがある。現在勝ち点25ポイントで4位につけているカリアリだ。過去3シーズンの成績は15位、16位、11位。4シーズン前はセリエBを戦っていたことも考えると、今季イタリアで最大のサプライズと言っても過言でないはず。同クラブが本拠を構えるサルデーニャ島は大いに沸き立っている。

その原動力となっているのが、今夏インテルから5年半ぶりに同クラブへ復帰したMFラジャ・ナインゴランだ。持ち前の豊富な運動量でピッチを縦横無尽に駆け回る彼は、今やカリアリの中盤に欠かせない選手。第9節でDFルカ・セピテッリが負傷離脱して以降は腕章も託されており、名実ともに快進撃を続けるチームを牽引する存在だ。ナインゴランはカリアリで充実の時間を過ごしていると言っていいだろう。しかし、彼は何も最初から古巣への帰還を望んでいたわけではない。

ナインゴランのインテルに対する復讐心は未だ晴れていないようだ photo/Getty Images

2018年夏にローマからインテルへ移籍した現在31歳のナインゴランは、昨季公式戦36試合に出場して6ゴール3アシストを記録。まずまずの成績を収めたが、その裏では細かな怪我に悩まされたほか、度重なる遅刻で謹慎処分を言い渡されるなどチーム内での立場は怪しいものに。さらに今季から規律を重んじるアントニオ・コンテ氏が新指揮官に就任したことで、ナインゴランを取り巻く状況は悪化。コンテ体制の構想外であることが地元メディアによって報じられ、最終的にレンタル移籍でカリアリへの復帰が決まったという経緯がある。

「僕は少し強制されたとも言える選択をした」。カリアリ復帰が決まる直前、ナインゴランはこんな言葉を残していた。インテル残留を熱望していたのにもかかわらずこの仕打ち。当時はそんな気持ちだったか。そしてどうやら、彼のインテルに対する復讐心はまだメラメラと心の中で燃え続けているようだ。同選手は母国ベルギーの『Eleven Sports』に対して、次のように語っている。

「インテルを去ることは望んでいなかった。でもサッカーをプレイすることを愛しているから、ここでの時間は終わらせたくないね。インテルが間違いを犯したということを証明したいんだ。カリアリでの成功はそういう意味で僕にとって大きな勝利を意味することになる」

インテルに残留できなかった悔しさをプレイにぶつけているナインゴラン。カリアリからしてみれば少々複雑かもしれないものの、彼が現在披露しているパフォーマンスがチームにとってプラスに作用していることは間違いない。はたして、ナインゴランの復讐劇はいつまで続くか。不屈のファイターは自身がまだ一線級の選手であることをピッチ上で証明し続けている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ