今季380分間でまさかの“枠内シュート0” マンUアタッカーの苦戦終わらず

マンUのリンガード photo/Getty Images

今年1月以降得点なし

オーレ・グンナー・スールシャール体制スタート直後は覚醒したかに思えたのだが、今も出口の見えないトンネルの中でもがいているアタッカーがいる。

マンチェスター・ユナイテッドMFジェシー・リンガードだ。リンガードは昨年12月の1か月間だけで4得点2アシストと見事なパフォーマンスを披露したのだが、得点ペースはここでストップしてしまった。2019年に入ってから奪った得点は1月のFA杯・アーセナル戦の1ゴールのみで、そこから約10か月にわたって得点がない。

今季もリーグ戦では8試合に出場しているが、得点もアシストも記録できていない。今夏にはスウォンジーから快速FWダニエル・ジェイムズが加わったこともあり、リンガードの影は薄いものとなってしまっている。

何より不安なのは、今季リーグ戦で未だ枠内シュートが0ということだ。プレイタイムは380分間に留まっているが、それでも枠内シュート0は寂しすぎる。

英『GIVE ME SPORT』は少々意地悪な比較をしているが、ワトフォードGKベン・フォスターも今季リーグ戦で1本の枠内シュートを記録しているのだ。チェルシー戦でフリーキックからフォスターが放ったヘディングシュートはGKケパ・アリサバラガにセーブされてしまったが、もう少しでゴールという惜しい一撃だった。

リンガードはゴールゲッタータイプの選手ではないが、それでも無得点の時間が長く続くことは問題だ。2019年のうちに無得点状態を解消したいところだが、あと2か月ほどでネットを揺らすことはできるだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ