ついにCLにPSGの時代きたか ネイマール、ムバッペ不在でレアル粉砕の衝撃

レアルを撃破したPSG photo/Getty Images

負けたレアルのことばかり話題になっているが……

チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節でパリ・サンジェルマンに0-3のスコアで敗れたレアル・マドリードのことばかりが話題となっているが、レアルを撃破したパリのことも称賛すべきだろう。今のレアルが問題を抱えているとはいえ、ネイマール、キリアン・ムバッペ、エディンソン・カバーニを欠いた中で3-0のスコアでレアルを撃破するのは簡単ではない。

英『FourFourTwo』は、ついにパリがチャンピオンズリーグで脅威となる時がきたのではないかと注目している。パリはこれまでも優勝を狙う力はあると言われてきたが、2016-17シーズンからは3シーズン続けてベスト16で敗れるなど思うような結果が出ていない。しかし、今季のパリは一味違う。

攻撃陣のレベルは説明するまでもない。ネイマール、ムバッペ、カバーニを欠いても、アンヘル・ディ・マリアに新加入のマウロ・イカルディとワールドクラスの選手が揃う。前線の層の厚さは間違いなく欧州屈指のレベルだ。

加えて同メディアが称えたのはエヴァートンから獲得したMFイドリッサ・ゲイェだ。中盤で相手を潰せるゲイェは近年のパリに不足していたタイプのMFで、同じく中盤でファイトできるアンデル・エレーラが加わったことも大きい。彼らが走り回ることで、マルコ・ヴェッラッティの攻撃性を活かすことも可能となるだろう。派手な補強ではないが、ゲイェとエレーラの加入で中盤にバランスがもたらされたのは間違いない。

元より攻撃陣は豪華だったため、手を加えるべきは守備の部分だった。最終ラインにはアブドゥ・ディアロも加わり、層は厚くなっている。しっかりと相手の攻撃の芽を摘み、ボールを奪えばシンプルに前線トリオを活かす。さらに同メディアが称えるトマ・ムニエ、ファン・ベルナトの攻撃的サイドバックがそこに絡んでいくことで、パリの攻撃力は破壊力を増す。

まだグループステージの1試合を消化しただけだが、今季のパリにはこれまで以上の期待をかけてもいいだろう。近年は決勝トーナメント1回戦のクジ運が悪かっただけに、そこさえクリアできれば上位進出は見えてくる。最低でもベスト4には入るべき戦力だろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ