ここ10年の“世界最強センターバック”は彼しかいない? 他を圧倒する存在か

バルセロナのピケ photo/Getty Images

実力、獲得タイトル数ともに申し分なし

先日のレアル・ベティス戦でバルセロナ通算500試合出場を達成したバルセロナDFジェラール・ピケ。バルセロナでデビューしたのは2008年のことで、それから約10年にわたって世界のトップを走り続けてきた。

『90min』はピケの500試合出場を記念してキャリアを振り返っているが、ここ10年の世界最高DFはピケではないだろうか。

ここ10年にわたって世界トップレベルのセンターバックと評価されてきたのは、ユヴェントスのジョルジョ・キエッリーニ、レオナルド・ボヌッチ、ドルトムントのマッツ・フンメルス、インテルのディエゴ・ゴディン、スペイン代表でピケの相棒を務めてきたレアル・マドリードのセルヒオ・ラモスといったところだろう。

彼らもワールドクラスのセンターバックで間違いないが、ピケほどの成功を収めたとは言い難い。同メディアがまず注目したのは獲得タイトルの部分だが、ピケはマンチェスター・ユナイテッド時代も含めると計34ものタイトルを獲得してきた。チャンピオンズリーグ、ワールドカップ、EUROといったビッグタイトルも多く、獲得できるタイトルのほとんどを手にしてきた。

ユヴェントスのキエッリーニ、ボヌッチはワールドカップ、EUROとは無縁で、しかも同メディアはボヌッチがミランで1度失敗していると手厳しい。キャリアの安定感で見てもピケに敵う者は少ないだろう。

フンメルスは30歳とピケより若いが、昨年のロシアワールドカップでのパフォーマンスから全盛期を過ぎたとの見方もある。フンメルスもドイツ代表の一員としてワールドカップを獲得した経験を持っているが、安定感ではやはりピケが上か。

ゴディンも優秀なセンターバックだが、ゴディンもタイトルの部分では戦えない。実力に加えてタイトル獲得をキャリア成功の要素と考えるなら、ピケと争えるのはセルヒオ・ラモスくらいだろう。

ラモスはその圧倒的な身体能力から世界最高クラスのセンターバックと評価されてきた選手で、実力は申し分ない。ただ、それでも獲得タイトル数は23に留まる。チャンピオンズリーグを4度も制しているのは見事と言うしかないが、ピケの方が11も多くのタイトルを手にしている。

実力、安定したキャリア、獲得したタイトルの数で考えるなら、ピケはここ10年間の世界最高DFと言っていいだろう。今もバルセロナの最終ラインを統率し続けており、評価は落ちていない。同世代でピケより上のセンターバックを探すのは難しいはずだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ