W杯も戦ったスペイン代表守護神がピンチ…… 巻き起こる“3人”の競争

スペイン代表のデ・ヘア photo/Getty Images

立場に変化が

スペイン代表の守護神といえば、昨年のロシアワールドカップでもゴールを守ったマンチェスター・ユナイテッド所属のダビド・デ・ヘアが思い浮かぶ。ワールドカップでのパフォーマンスは批判も浴びたが、デ・ヘアは現代の世界トップ10には入るとされる優秀なGKだ。反応速度や経験値など、スペイン代表にとってデ・ヘアの存在は大きい。

しかし、今デ・ヘアは少しばかり難しい状況にある。スペイン代表はルイス・エンリケに代わってロベルト・モレノが指揮しているが、モレノはデ・ヘアではなくチェルシーでプレイするGKケパ・アリサバラガをスタメンに選択しているのだ。

前指揮官のエンリケは今年3月に個人的な理由からチームを離れており、6月のフェロー諸島戦とスウェーデン戦のEURO2020予選2試合でもモレノがチームを指揮している。この3試合でゴールを任されたのはアリサバラガで、デ・ヘアはベンチだった。

スペイン『Cadena SER』によると、モレノは自身の構想の中に3人のGKがいると明かしている。競争をさせながらEURO2020本選へ向けて戦っていく考えなのだろう。

「私のGKはデ・ヘア、ケパ、ローマのパウ・ロペスだ。私は競争を好んでいる。ケパがデ・ヘアの前を行くということではないし、パウの前も行っていない」

3人とも強豪クラブに所属しており、代表の守護神を務めるだけの能力はある。デ・ヘアにとっては少々難しいスタートかもしれないが、1番手の座を手にできるだろうか。マンUでのパフォーマンスがカギを握っているのは間違いない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ