バイエルンで“最速の男”!? レジェンドがコンバート勧める18歳

今年1月、バイエルンに加入したデイビス photo/Getty Images

今年1月に加入した若きスピードスター

現在バイエルン・ミュンヘンで左サイドバックのレギュラーを務めているのはダビド・アラバだ。サイドバックの選手が中央に絞り、インサイドハーフに近い動きをする「偽サイドバック」の先駆者として一世を風靡した彼は、いまだにバイエルンの左サイドを支配している。

そんなアラバという優秀な選手が所属しているバイエルン。しかし、彼の存在感が大きすぎるがゆえに、そのバックアッパーを務める選手には悩まされている。今夏アトレティコ・マドリードから獲得したリュカ・エルナンデスも同ポジションでプレイ可能だが、できることなら彼は本職のセンターバックで起用したいところだろう。

そんな中、新たなバックアッパー候補として期待されているのが、今年1月にMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスから加入した18歳のアルフォンソ・デイビスだ。攻撃的なポジションを主戦場とする選手だが、現地ではその爆発的なスピードを活かすためにサイドバックへコンバートさせるべきではないかとの声もあがっている。この案には同クラブのレジェンドであるローター・マテウス氏も賛成のようだ。

「コンバートは良い案だと思う。私はコーチだった時、何人かの選手に同じことをして守備の仕方を教えたんだ。デイビスは守備を覚えなければいけないから、これは彼にとって良いトレーニングになるだろう。たしかに彼は守備で2、3のミスを犯す。だがそこから学び、彼は新たな左サイドバックのオプションとなるだろう。コバチはデイビスを左ウイングとして起用することを好むのは理解しているよ。(キングスレイ・)コマンが問題を抱えている時はその位置でプレイすればいい。それは良い案だ。彼は現時点でバイエルンにおける最速の選手だと思うよ」

マテウス氏がこのように語ったことを英『Squawka』が伝えている。3月には、SDを務めるハサン・サリハミジッチ氏もこの18歳のことを「おそらく今まで見てきた中で1番早い選手」と絶賛している。はたして2019-20シーズン、バイエルンで“爆速サイドバック”は誕生するのか。デイビスの今後に注目だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ