メッシがベストイレブンに入れない? 年間平均採点でメッシを上回った2人は

バルセロナのメッシ photo/Getty Images

データサイトがベストイレブン紹介

今季も変わることなく得点を量産し、欧州ゴールデンシューも獲得したバルセロナFWリオネル・メッシ。タイトルがリーガ・エスパニョーラだけに留まったのは残念だったが、個人としては今季も抜群の成績を残している。

しかし、データサイト『WhoScored』が発表した年間ベストイレブンでメッシは選外となっている。これは平均採点をベースにしたベストイレブンだが、メッシより高い点数がつけられたFWが2人いたのだ。

今回同メディアが選んだシステムは[4-4-2]で、まずGKにはカリアリのアレッシオ・クラーニョが選ばれた。GKの場合はセービングの数によって評価点が変動する部分もあるため、ここは評価が難しい。トップクラブで守備機会が少ないGKは点数を稼ぎにくい。

最終ラインは右からバイエルンのジョシュア・キミッヒ、リヴァプールのフィルジル・ファン・ダイク、ライプツィヒのウィリー・オルバン、同じくライプツィヒからマルツェル・ハルステンベルク。

中盤はボランチの位置にアタランタのアレハンドロ・ゴメス、相棒にニームのテジ・サヴァニエ、右サイドにリールのニコラ・ペペ、左にチェルシーのエデン・アザールが入る。

そして注目の2トップ。平均採点で選ばれたのはユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウド、パリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペだった。得点数はメッシの方が上だったが、2人の方が採点は安定していたようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ