動画再生数は16万回超え! ピルロの“超絶スライス弾”が再脚光[映像アリ]

ミランでCL優勝を経験したピルロ氏 photo/Getty Images

2004年3月に技ありゴール

イタリア代表MFとして2006年のドイツW杯を制し、2017年11月に選手生活を終えたアンドレア・ピルロ氏の現役時代のゴールが話題となっている。

ピルロ氏の古巣ミランは公式Instagramアカウントを通じ、同氏が2004年3月28日のセリエA第27節(キエーボ戦)で挙げたゴールの動画を公開。元ポルトガル代表MFマヌエル・ルイ・コスタ氏からのパスを受けたピルロ氏が相手ゴールから30メートルほど離れた位置で右足を振り抜くと、このミドルシュートは大きく右側にスライスしてゴールに吸い込まれた。日本時間3月31日時点でこの動画の再生数が16万回を超えたほか、コメント欄には「(まるで)魔法」、「私たちはこれからも彼のことを忘れないでしょう」など、このゴールを称える声が数多く寄せられている。

ミラン在籍時には2度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験したほか、その後は同じくイタリアの強豪ユヴェントスやMLSのニューヨーク・シティFCでプレイしたピルロ氏。この世界屈指の司令塔が繰り出した正確無比なパスやシュートの数々は、今後も多くのサッカーフリークによって語り継がれることだろう。


参照元:Instagram

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ