最強U-19日本代表の裏で…… 気になる2022W杯開催国カタールの躍進

U-19アジア選手権で準決勝に進出したカタール photo/Getty Images

ベスト4まで勝ち進む

久保建英らの活躍でU-19アジア選手権準決勝まで勝ち進み、来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップ出場権を勝ち取った若き日本代表選手たち。日本では彼らの躍進ばかりが話題を呼ぶが、スペイン『as』は2022年のワールドカップ開催国であるカタールに注目している。

カタールも先日行われたタイ代表との準々決勝を延長戦の末7-3で制し、準決勝進出を決めている。準決勝では韓国代表と対戦することになっており、決勝で日本と激突する可能性もある。実はカタールも近年ユース年代で大きな成功を収めている国の1つなのだ。

2014年にミャンマーで開催されたU-19アジア選手権では初優勝を飾り、日本が韓国との激闘の末に優勝を果たしたU-23アジア選手権2016では4位、その2年後の今年1月に中国で開催されたU-23アジア選手権では3位に入るなど、自国開催のワールドカップへ向けて若い世代が順調に育っている。

しかも今年のU-23アジア選手権ではカタールのアルモエズ・アリが6得点を奪って得点王に輝いており、当然アリはすでにA代表でも主力だ。

他にも今のA代表には2014年のU-19アジア選手権で大会最優秀選手に選ばれた23歳MFアハマド・モイーン、22歳MFアッシム・オメル・アディボ、GKユースフ・ハッサン、20歳MFタレク・サルマン、21歳FWアクラム・アフィーフなど、ユース年代で成功を収めた選手たちが数多く入っている。

今後の4年間で成長することができれば、自国開催のワールドカップで一定の結果を残せるかもしれない。現在行われているU-19アジア選手権でも準決勝まで勝ち進んだカタールが決勝に上がってくる可能性があり、A代表でもカタールは警戒した方がいいだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ