クラシコ控えるバルサに悲劇…… 首位返り咲きもメッシが右腕骨折

右腕を抑えてピッチに倒れ込むメッシ photo/Getty Images

約3週間の離脱へ

バルセロナは20日、チームのエースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが負傷離脱することになったと発表した。

同日行われたリーガ・エスパニョーラ第9節で、首位のセビージャをホームへ迎え入れた2位のバルセロナ。開始早々の2分にフィリペ・コウチーニョが先制ゴールを奪うと、90分間で計4ゴールを奪い、4-2でセビージャを撃破した。この結果、バルセロナは首位に返り咲いている。

この一戦でスターティングメンバーに名を連ねたメッシは、12分にカウンターからドリブルで持ち込み、貴重な追加点を奪ったが、直後にアクシデントが襲う。16分、ドリブルを仕掛けるが、フランコ・バスケスと衝突し転倒。地面に手をついた際に右腕を痛めてプレイ続行が不可能になり、テーピングで肘をぐるぐる巻きにしてピッチを後にする痛々しい姿もカメラに捉えられていた。

クラブの公式サイトによると、その後の検査の結果、右腕のとう骨を骨折していることが判明。約3週間の離脱が余儀なくされるとのことだ。これにより、チャンピオンズリーグ・グループステージのインテル戦(10月24日、11月6日)や次節に控えているレアル・マドリードとのエル・クラシコ(10月28日)などを欠場することが決まった。バルセロナにとっては、大きな痛手となってしまったことだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ