バロテッリ、ニースから罰金を科せられる 一体なぜ?

ポーランド戦では低調なパフォーマンスに終始 photo/Getty Images

オフでの不摂生が祟り......

2016年よりニースに在籍しているFWマリオ・バロテッリ(イタリア代表)。今季開幕前の移籍が噂されていたものの、紆余曲折を経て同クラブに留まる運びとなった。

ニース加入後の公式戦(67試合出場)で43得点と活躍を続けていた同選手だが、今オフの不摂生が祟り、体重が103kgまで増加。この事態を重く見たクラブ側より罰金を科せられたことが伊『La Gazzetta dello Sport』で伝えられている。

現地時間7日に行われたUEFAネイションズリーグ(ポーランド代表戦)では味方からのパスを引き出す動きに乏しく、好機を生み出せなかったバロテッリ。コンディションの悪さを露呈した同選手だが、首脳陣からの信頼を取り戻すためにも、減量に努めたいところだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ