リヴァプールの選手なのにその答え大丈夫!? 若手DFが挙げた”世界最高のセンターバック”は

サラーを潰した例の場面 photo/Getty Images

因縁ある相手を選ぶ

リヴァプールサポーターにとってこの答えは受け入れられるものなのだろうか。DFトレント・アレクサンダー・アーノルドが世界最高のセンターバックにレアル・マドリードDFセルヒオ・ラモスの名前を挙げたのだ。

ラモスといえば、昨季チャンピオンズリーグ決勝でリヴァプールFWモハメド・サラーに怪我を負わせたことが問題視された。意図的とも思える部分があり、リヴァプールサポーターはエースを潰されたと激怒したのだ。アーノルドもそれを理解しているが、だからといってラモスへの評価が変わることはないようだ。

英『The Guardian』によるとアーノルドは、「どの選手にもそれぞれの勝ち方があり、彼はこの10年間勝者であることを示してきた。彼は間違っていない。リーガ・エスパニョーラを数度制し、カップ戦もチャンピオンズリーグも獲った。代表ではEURO、ワールドカップもだ。彼は間違いなく世界最高のセンターバックだ。5月は敵だったけど、選手としてリスペクトしないといけないよ」とコメントしている。

タイトルの数で見れば、ラモスがここ10年近く世界のトップを走ってきたのは間違いない。少し悪役のようになっているところはあるものの、能力を評価すればアーノルドの見方も間違いではないだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ