J・アルバ超えも夢じゃない? 大型サイドバックをサッリ絶賛「世界最高になれる」

チェルシーのマルコス・アロンソ photo/Getty Images

スペイン代表にも招集

昨季はアントニオ・コンテの下で3バックシステムの左ウイングバックを務め、4バックに変化したマウリツィオ・サッリ体制でも左サイドバックとして奮闘しているチェルシーDFマルコス・アロンソ。サッリもアロンソの能力を高く評価する。

英『METRO』によると、サッリはアロンソが世界トップレベルのサイドバックになれると称賛しており、守備面の改善さえ出来ればとコメントしている。

「現時点でアロンソは欧州最高のレフトバックだ。フィジカルのクオリティはトップレベルだと思う。彼は攻撃面で非常に上手くやっているが、守備面も伸びると思う。そうなれば、彼は世界最高のレフトバックになれる」 

アロンソはロシアワールドカップでスペイン代表メンバーに入ることはできなかったが、新監督ルイス・エンリケは今回の代表メンバーにアロンソを招集している。チェルシーで好パフォーマンスを継続できれば、スペイン代表メンバーに継続的に入っていくことも可能だろう。サイドバックにしてはサイズもあり、ワールドカップで左サイドバックを担当していたジョルディ・アルバとは異なるものをプラスできるはずだ。サッリの下でさらに伸びるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ