香川とモイーズの再タッグ案を英メディアは疑問視 「彼の能力を引き出すベストな方法を」

プレミアリーグ再挑戦案出ている香川 photo/Getty Images

ウェストハムが興味も

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司のプレミアリーグ再挑戦に関する話題が続いているが、行き先候補の1つに挙がっているウェストハムを指揮しているのはあのデイビッド・モイーズだ。モイーズはマンチェスター・ユナイテッド時代に香川を指導しており、そのスタイルに香川はまるで合っていなかった。モイーズに香川の能力を引き出すだけの手腕があるかは大いに疑わしい。

英『HITC』も香川の能力は評価しているが、モイーズとの再タッグには不安も見せている。

「カガワはもう以前のスピードはないかもしれないが、彼にはマヌエル・ランジーニの負担を軽減するだけのプレイメイカーとしてのテクニックがある。カガワはモイーズの下で27試合プレイしたが、スタメンではなかった。それにカガワはモイーズの下で1点も奪っていない。もしモイーズが本気でカガワ獲得を目指すなら、彼の能力を引き出すベストな方法を見つけなければいけない」

また、香川は29歳と決して若くない。近年ウェストハムは同じ29歳のチチャリートことFWハビエル・エルナンデス、DFパブロ・サバレタ、アルバロ・アルベロア、パトリス・エヴラなどベテラン選手を獲得してきており、その補強戦略が
批判されている。同メディアによればサポーターからは、香川、ハビエル・エルナンデス、エヴラと以前マンUに所属していた選手が多いことから、「2012年のチームを作ってどうする?」といった意見まで出ているという。

香川にはエヴァートンも興味を示しているようだが、プレミアリーグに再挑戦するとしてもモイーズとの再タッグだけは避けた方がいいかもしれない。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ