バロテッリのセリエA復帰が実現か イタリアの“4クラブ”と交渉中と豪腕代理人

ニースで好調を維持しているバロテッリ photo/Getty Images

今季限りで現行契約が満了に

2016年よりニースに在籍しているFWマリオ・バロテッリ。今季の全公式戦(29試合出場)で21得点と好調を維持している同選手だが、今季限りでニースとの現行契約が満了となることから、動向が注目されている。

こうした状況のなか、同選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が現在交渉中のクラブを公表。同選手のセリエA復帰が実現する可能性があることを明かした。米『ESPN』が伝えている。

「彼は今や世界のトップ10に入るストライカーだ。彼には1億ユーロの価値があると思っているが、今季終了後は“移籍金ゼロ”で獲得できる。他のクラブにとってはお買い得だね。セリエA復帰にむけた準備はできているよ。イングランドのクラブとも接触しているが、イタリアのクラブで言えばユヴェントス、ローマ、ナポリ、インテルと交渉している」

今季のリーグ・アン28試合消化時点で、来季のUEFAチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場圏外(7位)に留まっているニース。同クラブのジャン・ピエール・リヴェール会長が「我々が来季の欧州カップ戦の出場権を逃した場合、彼の年俸を払えない」と昨年12月に述べたことから、同クラブが同選手の放出を決断する可能性は高い。続報を待ちたいところだ。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ