昨夏にリヴァプール加入のスコットランド代表DF 先発時の戦績が凄まじいことに 

ハル・シティからリヴァプールに移籍したロバートソン photo/Getty Images

今季の国内リーグ10試合に先発出場

昨夏にハル・シティからリヴァプールに移籍したDFアンドリュー・ロバートソン(スコットランド代表)。14日に行われたプレミアリーグ第23節(マンチェスター・シティ戦)では左サイドバックでありながら敵陣への果敢なチェイシングで相手のビルドアップを空転させるなど、獅子奮迅のプレイを披露した。

好調を維持するなか、同選手がスターティングメンバーに名を連ねた試合での同クラブの戦績がスポーツデータサイト『WhoScored』で明らかに。同選手が先発した今季のプレミアリーグ10試合で6勝4分け(第23節終了時点)と、同クラブは無敗を継続している。なお、同クラブが敗れた今季のプレミアリーグ2試合(第4節、第9節)で、同選手はいずれも欠場している。

昨季は中盤を本職とするジェイムズ・ミルナーをサイドバックに起用するなど、同ポジションの人選に苦慮したユルゲン・クロップ監督(リヴァプール)。攻守両面でハードワークを厭わないロバートソンの存在は、同監督にとって心強いものとなるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ