長期政権ゆえの障害? ギグスが語るマンU苦戦の理由「指揮官が代わり、獲得された選手がミックスされている」

マンUを率いるモウリーニョ photo/Getty Images

指揮官交代に慣れていないマンU

すでに首位マンチェスター・シティと勝ち点差15が開いてしまっているマンチェスター・ユナイテッドは、今季もプレミアを制することはできないだろう。昨季はヨーロッパリーグを制するなど成功を収めたものの、国内リーグではアレックス・ファーガソン氏が退任した2012-13シーズン以降タイトルを獲得できていない。

先日チームの指揮を執るジョゼ・モウリーニョはライバルのマンCに比べて補強が不十分との見解を示していたが、問題はそこではない。英『sky SPORTS』によると、クラブOBでアシスタントコーチも務めたライアン・ギグスは指揮官の交代にマンUが慣れていないところに問題があると指摘している。

「ユナイテッドはここ数年で指揮官が代わり、モイーズ、ファン・ハール、モウリーニョらが獲得した選手がミックスされていることも苦しんでいる理由だと思う。チェルシーやリヴァプールはそれに慣れているが、ユナイテッドは慣れていないんだ」

マンUはファーガソン氏の退任以降積極的に資金を投じており、ファン・ハールが指揮を執っていた際にはアンヘル・ディ・マリアのようなワールドクラスの選手も獲得している。昨夏もポール・ポグバを獲得するなど、十分に補強はされているはず。しかし指揮官によって好みが異なるため、ファーガソン政権時と違ってクラブの補強方針がまとまっていない印象が強い。これは長期政権ゆえの問題とも言えるが、マンUはいつプレミア制覇に手が届くのか。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.206 クロアチアが優勝候補アルゼンチンを一蹴し決勝Tへ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ