ユヴェントス時代のポグバはどこへ行った? クラブOBが嘆く「あの時の彼は……」

批判を受けるポグバ photo/Getty Images

パフォーマンスが不十分だと批判

マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバに全ての責任があるわけではないが、移籍金がサッカー史に残るほどの高額なものだっただけに、チームの結果が出なかった時は批判されることが多くなってしまっている。マンUは30日に年内最終戦でサウサンプトンと対戦し、スコアレスドローで終えてしまった。ここでも批判を受けているのはポグバだ。

英『BT Sport』によると、今回ポグバのパフォーマンスに疑問を抱いているのはクラブOBのポール・スコールズ氏だ。同氏はユヴェントス時代のポグバの方が良いプレイをしていたと感じているようで、あの時の輝いたポグバはどこへ行ってしまったのかと嘆いている。

「我々がユヴェントスで見ていたポグバはどこへ行ったのか?あの時の彼はタックルし、ファイトし、25ヤードほどの距離からゴールを決めていたよ。この試合ではフラフラしているだけだった」

また、ポグバはこの試合で味方の放ったシュートがゴールに入りそうなところに強引に詰め、オフサイドにしてしまうもったいないプレイもあった。これにはサポーターからも「なぜ触ったのか」といった意見が挙がっており、ポグバにとっては厳しい年内最終戦となってしまった。

昨季もポグバのパフォーマンスに満足できないとの意見は多かったが、2018年こそユヴェントス時代以上の輝きを放つことができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ