やはりC・ロナウドのスピードは落ちた!? アトレティコDFに敗れたシーンが話題[映像アリ]

32歳となったロナウドには衰えを指摘する声も photo/Getty Images

スピード勝負で敗れる

レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドも32歳となり、身体能力で衰えてきている部分があると言われている。特に問題視されているのはスピードだ。若い頃のようにドリブルを仕掛ける回数は減っており、1対1で相手をかわすスピードが失われてきているのは明らかだ。

そのスピード不足を証明するようなシーンが18日のアトレティコ・マドリード戦で起こった。アトレティコのコーナーキックをレアルがクリアし、それをカリム・ベンゼマ、ルカ・モドリッチと繋いで前線のロナウドにスルーパスが送られた。ロナウドがボールを受ければGKと1対1という状況も作り出せたかもしれないが、先にボールに触ったのは並走していたアトレティコDFファンフランだった。

スペイン『MARCA』はファンフランに先に追いつかれたことに衝撃を受けたようで、「スピードを失ったのか」と取り上げている。ファンフランも33歳とベテランの領域に入っているため、年齢的にはロナウドと変わらない。そのファンフランにスピード勝負で敗れてしまったことに大きな注目が集まっているようだ。

スピード表示ではファンフランが33.8Kmだったのに対し、ロナウドは32.8Kmとやや遅かった。以前のロナウドならファンフランより先にボールに追いついていた可能性もあり、お得意のカウンターアタックを止められたことはロナウドの衰えのサインと受け取られている。




参照元:twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ