ロナウドあと一歩及ばず涙 サウジアラビア国王杯・決勝

アル・ナスルのロナウド photo/Getty Images

アル・ヒラルが優勝し三冠

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが所属するアル・ナスルは5月31日、サウジアラビア国王杯「キングス・カップ」決勝でアル・ヒラルと対戦した。

試合は序盤にアル・ヒラルのアレクサンダル・ミトロビッチが先制も、終了間際の88分にアル・ナスルのアイマン・ヤヒヤが得点し同点に追いつく。

1-1のまま延長戦でも決着はつかず、PK戦に突入。一人が外したアル・ナスルに対してアル・ヒラルは全員が決めて4-5となり勝負が決した。
終盤にかけて両チームで合計3人の退場者が出る激しい試合に勝利したアル・ヒラルは見事、国内三冠を達成。

絶対的な王者に土をつけるところまであと一歩だったアル・ナスルのロナウド(39歳)は、ピッチに四つん這いになって、まるで少年のように泣きじゃくった。

無冠に終わったロナウドだが、2023-24シーズンはサウジアラビアリーグ史上最多得点を記録。サッカーに対する情熱はまだ衰えていないようだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ