シャビ2世とも言われた男の復活劇 セリエAで92.1%のパス成功率を残すゲームメイカーへの注目

フィオレンティーナで結果を出したアルトゥール photo/Getty Images

所属元のユヴェントスで再び輝く可能性も

一時はシャビ・エルナンデス2世なんて期待もありながら、バルセロナ、ユヴェントス、リヴァプールで苦戦を強いられたブラジル人MFアルトゥール・メロ。

今季はユヴェントスから同じセリエAのフィオレンティーナへレンタル移籍していたのだが、そこで復活の兆しを見せた。お得意のパス能力は健在で、今季はセリエA33試合に出場して92.1%のパス成功率を記録。2ゴール3アシストと攻撃面でも一定の結果は残した。

スペイン『SPORT』も「最高のアルトゥールが戻ってきたと見て間違いない」と今季のパフォーマンスを絶賛しており、来季の行き先に注目している。
フィオレンティーナに残る選択肢もゼロではないが、現時点でフィオレンティーナがアルトゥールを完全移籍での獲得へ切り替えるかは分かっていない。金額的な問題もあり、このまま所属元のユヴェントスへ戻ることになるかもしれない。

アルトゥール自身はリヴァプール時代に上手くいかなかったプレミアリーグへの再挑戦にも関心があるようだが、同メディアはユヴェントスに残るのも面白い選択肢と見ている。ユヴェントスでは指揮官マッシミリアーノ・アッレグリが解任されていて、ボローニャで印象的なフットボールを披露したチアゴ・モッタの就任が近いとの話もある。モッタのスタイルならばアルトゥールがフィットする可能性があり、中盤でビルドアップの軸になれるかもしれない。

まだ27歳と中堅世代のアルトゥールはビッグクラブの戦力になれるだろうか。フィオレンティーナで過ごした今季は充実の1年となっている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ