中盤の刷新が期待されるリヴァプールが逸材を獲得か 大ケガからの復活を遂げたヴィルツを狙う?

レヴァークーゼンで活躍するヴィルツ photo/Getty Images

中盤の補強は必須だ

今季は1年を通してケガ人に泣かされたリヴァプール。精彩を欠く試合も多く、プレミアリーグでは現在6位、UEFAチャンピオンズリーグも3年連続でレアル・マドリードに敗れて敗退した。

そんなリヴァプールは今季終了後に多くの入れ替えを行なうかもしれない。すでにロベルト・フィルミーノの退団が決定。さらにナビ・ケイタとアレックス・オックスレイド・チェンバレンも退団の可能性が高まっている。アルトゥールも買い取らない方針でいるため、中盤は補強が必須となるだろう。

そんな中で移籍のスペシャリストであるファブリツィオ・ロマーノ氏が自身のSNSでリヴァプールが若きMFの獲得を目指していることを伝えている。今季大けがからの復活を果たしたフロリアン・ヴィルツだ。

昨季途中に負ったケガの影響で出遅れたヴィルツは、ここまでリーグ戦で9試合4アシストを記録。ゴールはないものの、その創造性でチームの得点を創出している。またブンデスリーガ史上最年少ゴール記録を保持しており、19歳ながら多くの経験を積んでいるドイツ代表MFだ。

レアル・マドリードやバルセロナも注目する逸材だが、同氏によればレヴァークーゼンは来夏までヴィルツをクラブに留めておきたい様子。シャビ・アロンソ監督の下で蘇るレヴァークーゼンで、勢いを加速させる若き司令塔は今夏チームを離れることになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ